革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

暑中見舞いのマナーについて

ビル

スマートフォンの普及によって、はがきを出す機会が少しずつ減っているという人も多いのではないでしょうか。
そんな時こそ、暑中見舞いのはがきを書いてみませんか。
夏の暑い時期に安否を気遣う暑中見舞いを出すというのは相手への思いやりがある行為でいいものですし、音信不通だった知り合いから思いがけずはがきが届くとうれしくなるものです。
暑中見舞いの時期としては、7月はじめから8月はじめごろというのがマナーとなっています。
梅雨が明け、暑さが厳しくなってくる頃ですので、そのことについて触れ、相手の健康を思いやるような内容を季節感を交えて書くといいでしょう。
自分の近況報告も合わせて伝えておくのも忘れないようにしましょう。
はがきは夏をイメージさせる海やプール、すいか、花火、かき氷などのデザインを選び、切手も夏のデザインの記念切手などが発売されているのでそろえて貼ってみるのがおすすめです。
また、手作りハンコや絵手紙など自分でデザインしたものを送ると、相手の方にもとても喜ばれるでしょう。

パーソナルトレーニングジムを東京で探すならここをチェック

ビジネスホンの工事はティーピーエスで

建築物の広告、宣伝に高品質パースを提供

最新情報

ほほえむ女性

意外と知らない暑中見舞いのマナー

暑い夏に相手の体を気遣い、自分の近況などを知らせるのが暑中見舞いです。
日本に昔からある挨拶状

葉っぱ

暑中見舞いに関与したメッセージ

年賀状のお返しという目的で寒中見舞いを採用していく人がここ数年は増えていますが、寒さが厳しい時期に関

ほほえむ女性

暑中見舞いの葉書を出す時のマナーとは。

季節の挨拶状の一つの暑中見舞いの葉書は、7月上旬の梅雨明けから立秋頃までに出すのがマナーとされていま

髪を掻き上げる女性

暑中見舞いのマナーについて

暑中見舞いは、夏の暑い季節に日頃会えない知人や友人、お世話になっている人の安否を気遣い、近況などを報