暑中見舞いの葉書を出す時のマナーとは。

ビル

季節の挨拶状の一つの暑中見舞いの葉書は、7月上旬の梅雨明けから立秋頃までに出すのがマナーとされています。
立秋とは8月7日で、8月8日以降に出す場合は、残暑見舞いとするのが通常です。
暑い季節に、相手の安否や体調などを気遣う意味をもつもので、専用の葉書も多く販売されているので、手軽に送ることが出来ます。
また、自分で季節感のある絵を描いた、絵手紙なども喜ばれるでしょう。
書中見舞いの書き方としては、まず暑中を見舞う言葉と時候の挨拶、そして相手の安否を尋ねる挨拶文と続きます。
そして、こちら側の近況報告を書き、結びの挨拶へとなります。
最後に年号と、「七月」または「盛夏」で締めます。
残暑見舞いの場合であれば、「八月」や「晩夏」となります。
年賀状であれば、喪中の方には送らないのがマナーですが、暑中見舞いや残暑見舞いは送っても差し支えないとされています。
ただし四十九日以降であることや、文面の内容にも配慮が必要です。


Menu

最新情報