意外と知らない暑中見舞いのマナー

ビル

暑い夏に相手の体を気遣い、自分の近況などを知らせるのが暑中見舞いです。
日本に昔からある挨拶状ですが、今ではメールなどが普及している為出す人は少なく、そのマナーをあまり知らない人もたくさんいます。
暑中見舞いは梅雨明けから立秋頃までに出さなければならず、立秋を過ぎると残暑見舞いとなります。
また、自分に届いた場合の返信も、返信をする時期が立秋を過ぎていれば残暑見舞いを出します。
内容は自分のことばかりを書いてしまわないようにし、季節感にも気をつけるべきです。
また、通常は喪中の方に出しても問題ないとされていますが、内容には気をつけます。
四十九日を過ぎていない場合は出さない方が良いかもしれません。
相手との仲も考慮して決めると良いです。
暑中見舞いのハガキのデザインは一般的には涼し気なデザインが喜ばれます。
最初から印刷されたハガキを利用する場合にも一言書き足した方が良いです。
メールも便利ですが、こうした季節の挨拶状をやり取りするのも大切にすると良いでしょう。


Menu

最新情報