暑中見舞いのマナーについて

ビル

暑中見舞いは、夏の暑い季節に日頃会えない知人や友人、お世話になっている人の安否を気遣い、近況などを報告するための季節の挨拶を行うはがきです。
年賀状に次いでやりとりされる機会が多いとされていますが、年賀状ほど改まったものではありません。
絵葉書や私製のはがきなど季節感の溢れるものや、暑い時期に送るものなので涼感のあるようなデザインのものを選ぶことで、選ぶ側も楽しみながら選べますし受け取る側にも喜ばれます。
お中元をもらったお礼や出産、結婚、引っ越しの報告を兼ねて送ることも一案ですが、暑中見舞いのマナーとして書く時期は梅雨明けから立秋の8月7日までとされています。
それ以降は、残暑見舞いとなるので注意が必要です。
また書き方の注意点ですが、季節の挨拶は少し大きめの字で書くようにし、頭語と結語は不要です。
内容としては、自分の側の近況報告を行いますが自分のことばかりにならないよう、また暑さの中にも涼しさが感じられるように季節感にも気を配って書きましょう。


Menu

最新情報